丸彦産業株式会社

社長挨拶

社長

質の高い労働力によりなくてはならない企業を目指します

当社は平成17年(2005年)4月1日に、王子製紙(株)米子工場(以下、米子工場)およびその関連会社向けに、紙・パルプ加工等、各種作業の請負会社として設立しました。 設立当初は 80名強の従業員数でスタートしましたが、お陰様で2021年6月には140名を超えるまでになり人員規模としても大きく成長いたしました。近年は米子工場から請負う業務も多岐に亘り、特に平成26年(2014年)上期から請負っております抄上#3マシン操業は、米子工場事業転換の柱と目される溶解パルプの製造であるため、職場一丸となり日々の安定操業と品質確保を図りつつ新記録への挑戦を続けております。 また、当社は米子工場内に事務所を構え、様々な部門で操業の一翼を担っていることからも 常に王子製紙米子工場の発展を支えるべき立場となっております。今後も安全絶対優先の誓いのもと、安定した操業、質の良い労働力を提供する事により
弊社従業員及び米子工場にとって、なくてはならない企業を目指して参ります。

令和3年7月
丸彦産業株式会社

代表取締役社長 松谷 哲也

企業理念

私たちは、安全絶対優先・環境への配慮・コンプライアンスの遵守という方針をしっかりと心に受け止め、信頼に基づいた健全な労使関係を構築するため、風通しの良い職場づくりを進め、これからも気持ちよく、誇りをもって働ける会社を築いていきます。


組織図

組織図

沿革

2005年

4月 丸彦産業株式会社設立
伊藤哲郎社長就任
12月 外装、オリゴ糖製造、不・可燃物回収、RPF品検、#1抄上マシンの操業請負開始

2006年

4月 嵩高設備、受渡、製薬用排水、カラー調製の操業請負開始
6月 小倉貴美男社長就任

2007年

4月 紙管加工、#2抄上マシンの操業請負開始
LPG管理、#1抄上マシンを停機

2008年

8月 クロレート溶解作業グループ、清掃グループ、パルプ分析グループ、N-1損紙処理作業グループの操業請負開始

2009年

12月 パルプ品検グループの操業請負開始

2010年

4月 酵素設備、嵩高設備を停機
6月 一戸宏光社長就任
8月 #1抄上マシン再稼働
オリゴ糖設備を停機

2013年

6月 #3抄上マシン本格工事着工
DKPプロジェクトチーム結成

2014年

1月 #3抄上マシン試運転
5月 #3抄上マシン稼働
6月 三木伸夫社長就任

2017年

6月 小西立身社長就任

2020年

2月 ヘミセルロース事業、DKP出荷検査開始

2021年

3月 安全環境管理部、安全環境管理課を安全環境管理室へ統合
7月 松谷哲也社長就任

会社概要

商 号 丸彦産業株式会社
設 立 平成17年(2005年) 4月 1日
代表者 松谷 哲也
事業内容 1.王子製紙株式会社米子工場、およびその関連会社における紙加工等各種作業の請負
2.王子製紙株式会社米子工場が所有する福利厚生施設の管理運営業務
3.警備業法に基づく警備業
4.紙管加工業務および販売業務
5.前号に付帯する業務
所在地 鳥取県米子市吉岡373番地
資本金 1,000万円
関連企業 丸彦渡辺建設株式会社
ページトップへ戻る